PRP治療とは

PRP治療とは?

患部の修復能力を一時的に高める"再生医療"

PRP治療とは、自分の血液から作ったPRPを患部に注射して修復能力を高める、自己治癒力によって完治を図る治療法です。自分の血液から抽出した成分を注入するため拒絶反応の心配がありません。1987年に初めて施術されて以来、整形外科、スポーツ医療など様々な分野で症例が重ねられてきました。また、日本では美容医療の分野で多くの症例が重ねられ、シワの改善などアンチエイジング施術に多く利用されています。