こんな症状にオススメ

変形性膝関節症

膝関節のクッションである軟骨が摩耗し、骨同士がこすれ合うことで骨が変形する症状。進行すると、腱や靱帯など関節周囲の組織も傷つき、動かす度に激痛を伴うようになる。

症状

長時間の歩行や階段の上り下り。また、膝をついた際に痛みを感じます。初期段階では、静止した状態からの動きはじめに膝のこわばりや痛みを感じ、徐々に痛みが強くなります。また、膝がスムーズに動かないので、歩行時に突っかかってしまう感覚があります。

原因

先天性の異常や、外傷などの後天的な原因があります。
膝の周囲には大腿骨、脛骨、腓骨、膝蓋骨があり、大腿骨と脛骨の間には半月板が存在します。また、それぞれの骨の間には軟骨があるのですが、筋力低下や加齢、肥満などのきっかけで膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、非炎症性の痛みが生じます。

治療

外科的な手を加えない"保存的治療法"として、消炎鎮痛薬で症状を鎮めながら軟骨を強化するグルコサミンやコンドロイチンの服用したり、サポーターや足底装具(外側ウェッジ)で患部を固定し、安静にさせる方法があります。その他、軟骨部分を補助するヒアルロン酸を注射する場合もあります。
膝の痛みが強いようであれば、医師と相談の上、外科手術が必要になります。

リハビリのポイント

膝の内側に負担がかかると痛みが生じるので、その負担を減らすことが有効です。
そのためには、体重による膝への圧力を減らすサポーターを着用したり、太ももや臀部、腹部の筋肉を強化する体操が有効です。体操法については理学療法士と相談するといいでしょう。