こんな症状にオススメ

腱鞘炎

腱の外側を包む膜(腱鞘)の炎症。手を使い過ぎることによって手や腕に疼痛や腫れが現れる場合が特に多い。リウマチ性関節炎に伴って起こる慢性的な腱鞘炎の場合、腱が自然断裂することもある。

症状

手関節の親指側に痛みが生じます。症状はゆるやかに現れる場合も急に現れる場合もあり、物を握る動作や手首を捻った際に痛みが強くなります。また、痛みのために親指を動かしづらくなったり、親指、人差し指にしびれを感じることもあります。

原因

親指を通る2本の腱は、腱の浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っています。
腱は滑膜と呼ばれる薄い滑りの良い軟部組織で覆われトンネルの中をスムーズに動くのですが、手の酷使などで滑膜が炎症をおこして腫れるとスムーズな動きが制限されます。このため、親指に引っかかりを感じたり腱に痛みや腫れの症状が出現します。

治療

ギプスによる固定や抗炎症薬(内服、外用薬)、ステロイド注射を投与し経過を診る保存的治療があります。
また、痛みが強く保存的治療でも症状が改善しない場合は腱を覆っている軟部組織を切開し、腱の圧迫を取り除く外科手術を行います。

リハビリのポイント

腱鞘炎は、手首部分の母指伸筋腱の使い過ぎが原因となります。
特に、手首を小指側に傾かせながら使うことが多いと起こりやすくなります。そのため、前腕の筋肉や母指伸筋を痛みのない範囲でストレッチし、手首の位置を元に戻しやすくします。
また、手の使い方の修正も有効です。詳しくは、理学療法士にご相談ください。