PRP治療とは

PRPとは?

PRPは、いわば"血小板の濃縮液"

PRPとは、Platelet Rich Plasmaの略で、日本語では「多血小板血漿」と呼ばれています。 多血小板血漿とは、血液を遠心分離器にかけて成分を分離し、おもに血小板を取り出したもののことです。血液の液体部分(血漿)を除いた成分の比率は、赤血球 93%、血小板6%、白血球1%といわれていますが、この比率を変えて赤血球の量を5%以下にしたものがPRPです。このPRPを注入すると、成長因子や細胞の大部分の成分を占めるコラーゲンが発生するので、損傷箇所の修復が早まるのです。